WWWLプロジェクト(トークン)始動 今後の展開と4つの収益ポイント

WWWLプロジェクト(トークン) は、最近大注目であるDeFi(分散型金融)と NFT(非代替性トークン)を掛け合わせたプロジェクトです。

今まさに盛り上がりを見せている以下のサービスを融合・展開していくため、WWWLトークンが基軸通貨となります。

  • バーチャル空間
  • ゲームポータルサイト
  • VR
  • DeFi
  • NFT

WWWLトークンは大型取引所への上場も予定しており、ユーザー様にとってはDeFiの基本的な利益である以下の報酬が得られます。

  • キャピタルゲイン
  • ファーミング
  • ステーキング

これからのWWWLトークン成長のため、大型プラットフォーム内に5つの段階に分けて展開していきます。

当サイトでは、WWWLのこれからの高い可能性とプロジェクトを盛り上げるための計画を余す所なく解説していきます。

公式サイトはこちら

WWWLトークンとは? 4つの収益ポイント

WWWLトークンが基軸通貨として大型プラットフォーム内で展開していくことで、以下のような収益を得ることができます。

  • ゲームプレイヤー増加によるWWW交換手数料の安定した配当が得られる
  • 8月25日(Defiオープン時)までロックをかけることで、BSCガバナンストークン「WWWVB」が無料配布される
  • NFTキラーコンテンツでの収益還元やファーミング収益が得られる
  • 【オンラインゲーミング + DeFi + NFT】の連携で大手取引所に上場、それによってキャピタルゲインを狙える

WWWLプロジェクト(トークン)のロードマップ

WWWLプロジェクト(トークン)は、次の5つの段階で展開しローンチしていきます。

  • 第1段階:プレセール
  • 第2段階:WWWL取引開始
  • 第3段階:DeFiオープン
  • 第4段階:NFTオープン
  • 第5段階:仮想通貨取引所への上場

第1段階:WWWL プレセール

  • 販売対象 : WWWL
  • 販売時期 : 6/25~7/24 まで $0.8 (20%Off!)
  • 一般販売 : 7/25~8/24 まで $1.0
  • 支払通貨 : USDT/JPY
  • 限定数量 : 15,000,000枚
  • 最低購入価格 : $1,000【110,000JPY】/ 1口
  • 購入枚数 : 1,250枚/1口
  • 6/25 WWW Converter Release  *ポケットスワップにリスティング

第2段階:WWWL取引開始 〜オンラインゲーミング市場規模拡大によるWWWLTVLアップ

国内ゲーム市場は年々拡大し続け、2019年には過去最大の1兆7330億円、近頃のコロナ禍によってさらに需要も増してきています。

それに伴ってPlayerもさらに増加し、TIGER GAME(T$)とWWW交換手数料の増加が見込まれます。

TIGER GAMEは各コンテンツメーカーと連携しており、コンテンツの増加によりユーザーの利用も拡大が予想され、売上アップも期待できます。

TIGER GAME リリース

  • 5/25〜 パチスロ
  • 6/20〜 スポーツブック
  • 8/25〜 ライブカジノ
  • 今秋〜 競馬
  • 今秋〜 ビデオカジノ

ゲームで得られた収益はWWWLへ交換してステーキングすることで、インカムゲインを得ることが可能です。

これからのオンラインゲーミング市場規模拡大を見ても、WWWLの価値が上がっていくことは、容易に想像できますし、ステーキングでの収益も十分に得られるでしょう。

それによって、TVL(Total Value Locked)の増加が期待できます。

利用ユーザーの増加により流動性がアップ、手数料の収益の増加でWWWLの報酬も増えていきます。

6月25日 分散型取引所ポケットスワップにWWWLを上場

当初価格は 1$で販売し、今後ユーザー増加による流動性のアップとTVL上昇を目指していきます。

【Pocket Swapの3つのポイント】

  • ポイント1:プールに資金を預けることで、インカムゲインを獲得できる
  • ポイント2:獲得できるトークンは、Filecoin(FIL)で貰える(*Filecoinは、2017年ICOで280億円以上を達成した人気の分散型ファイルシステムです。)
  • ポイント3:いつでも参加が可能で、毎日報酬が貰える

第3段階:Defiオープン 〜DeFi+NFTの連携による、WWWLのTVLアップ

WWWDeFiでオープンするまでロックすることで、ガバナンストークンが付与されます。

トークン保有者増加にともなう流動性アップによって、TVLが増加。

各DeFiプロジェクト(Pancake/その他DEFI)とも連携予定ですので、更なるTVLの増加が見込めます。

また、連携された他の各種Defi系トークンも配布される予定です。

DeFiの市場規模拡大と取引所との連携による新たな価値観

金融業界全体が注目しているDeFiの市場規模(TVL)は、6兆円を超えるものとなっています。(2021年4月時点)
【DeFiの特徴】

  • 中央集権組織が存在せず、全てのプロダクトがスマートコントラクトで稼働している
  • 別の金融サービスを使用する際の面倒な作業(提携やAPI開発など)がいらない
  • 市場の基金流入がわずか半年で200%以上もUP (背景にはLiquidity Miningの存在あり)

中央集権型システムを必要としないシステムが、ブロックチェーンを利用することで可能となり、新しい金融システムの価値観を生み出しました。

第4段階:NFTオープン 〜デジタル資産『NFT』を使った事業展開

NFT(非代替性トークン)は「コピーできないデジタル資産」、「二つとない唯一無二の資産」と言われています。

2021年には、様々な世界的経営者がオークションにかけたアートや音楽作品、ツイートまでが億単位で取引されるなど注目を集めました。

NFTとは?

NFTは、暗号資産と同じブロックチェーン上のデジタルデータで、暗号資産の兄弟のような存在とも言われます。

NFTも暗号資産、どちらもデジタルデータの一種でブロックチェーン上で発行・流通します。

デジタルデータというものは、宝石や絵画などとは違ってコピーや改ざんが容易なために、資産価値があるとはみなされていませんでした。

ですが、ブロックチェーン上のデジタルデータとなると、コピーや改ざんはしにくくなります。

理由は、参加者間で相互検証がされるからであり、これによってブロックチェーン上のデジタルデータを価値のある資産としてデジタル空間でのやり取りが可能になりました。

これを暗号資産ではなく、コンテンツやデジタルアイテム全般に応用しているのが『NFT』です。

NFTは唯一無二の存在 〜偽造不可な鑑定書&所有証明書付きのデジタルデータ

デジタルデータに付随しているメタ情報(発行数や作成年月日、識別番号など)をブロックチェーン上で明示して扱う。

そうすることで、同じものは無い唯一無二の存在として他のデジタルデータとはっきり区別して扱うというのが、NFTのアイデアです。

WWWLでは今後、以下のような内容をを含め、NFTにも積極的に力を注いでいく予定です。

  • SLR(Serenity Land Rush)で皆さまが購入される仮想空間の土地
  • SERENITY(セレニティ)事業に関連する様々なコンテンツ等のデジタル化

NFT市場 推移と規模

NFT市場は、2019年と比べると急激な成長を記録しています。

  • 総取引額:2019年比で290%以上
  • 市場規模:3億3,000万ドル以上(市場に存在する全てのNFTの価値の合計から算出)

また、取引に使われた暗号資産を過去3年間で比較してもNFTの成長がいかに凄いかがわかります。

  • アクティブウォレット数:+97%
  • NFTを売買した人の数:【売り】+66%、【買い】+24%

これらのデータからも、2020年はNFT元年であったと言えるでしょう。

NFT キラーコンテンツ

世界最大級のオークション会社とのコラボや世界を代表するエンターテインメントとゲームメーカーとの連携により、NFTサービスの参加人口を増加させ、支払いを全てWWWLを通じて行うことでTVLの増加を狙います。

【NFT ContentsHolder】

  • ファーミング
  • ステーキング
  • オークション出品
  • マーケットプレイス
  • バーンアート

WWWLのTVL増加のための4つのキラーコンテンツをご紹介します。

その1:ジャクソンファミリー財団ジャパンとのコラボ

世界に3億人のファンがいるといわれるマイケルジャクソン。

第一弾はマイケルジャクソンの手形を公開します。

ジャクソンファミリー財団ジャパンとのNFTコラボ企画となるMJのNFTは、世界中のコレクターの注目の的になることは間違いないでしょう。

これにより、WWWLの価値はさらに上がると期待できます。

その2:世界有数のゲーム会社とのコラボ

世界中で大会が行われるまでになったeスポーツやゲームなど、東南アジア地域を中心として事業を行うデジタルサービス企業との連携を予定しています。

数億ダウンロードを超えるヒットメーカーとのコラボレーションを楽しみにしていて下さい。

その3:KPOPグループとNFT連携予定

世界中を席巻する止まらない韓流ブームで NFTをさらに盛り上げていきます。

その4:バーチャルランドプロジェクト

暗号資産の大手取引所である「コインチェック」が仮想空間上の土地をNFTで販売し、売り出してから約8分で完売したというニュースがありました。

今後は、このように仮想空間の土地や建物に価値がつくのが常識になってくるでしょう。

WWWLでも価格上昇が見込める仮想空間をNFT化し、共同購入による収益を分配できるよう実装する予定です。

第5段階:仮想通貨取引所に上場

【WWWLの3大施策】

  • オンラインゲーミングの市場規模から見たTIGER GAME Playerの増加
  • 各Defiプロジェクトとの連携
  • 4つのNFTキラーコンテンツ

これによりTVLを飛躍的に増加させることができます。

最終的にはWWWLを有名取引所に上場することで、キャピタルゲインを狙えます。

【これからの上場予定】

  • 2021年 12月25日予定  『Gaite.io』
  • 2022年 2月25日予定 『Houbi』
  • 2022年 6月25日予定 『BAINANCE』

WWWL プレセール販売価格

  • 販売対象 : WWWL
  • 販売時期 : 5/25~6/24 まで $0.8 (20%Off!)
  • 一般販売 : 6/25~8/24 まで $1.0
  • 支払通貨 : USDT/JPY
  • 限定数量 : 15,000,000枚
  • 最低購入価格 : $1,000【110,000JPY】/ 1口
  • 購入枚数 : 1,250枚/1口
  • 6/25 WWW Converter Release  *ポケットスワップにリスティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です